黄色いゾウのあしあと

★旦那さんとプラダーウィリー症候群の娘とそのきょうだいと2匹のニャンコとの生活★

ご用心

ヒカリ、行方不明になりました。






実家で、ヒカリ・ミナミ・私でまったりしていて、そのうちにヒカリが寝て、ミナミは私の抱っこで寝て…。

妹が出掛けると言うので、鍵を閉めるようにお願いして、妹は施錠。

父帰宅。
私ウトウト。

妹帰宅→また外出。

旦那さん実家に到着。
「あれっ?!ヒカリは?」と。
「そこらへんに居ない~?」と寝惚けながら答える私。

父が「○○(妹)と一緒に出かけたんじゃないの?」と。


旦那さんはその言葉で、公園とか行ったのかな?と思ったそう。
でも、私は寝惚けながらも「え??おかしくない??」と思って、妹に電話。

私「ヒカリ、一緒?」

妹「えっ?!一緒じゃないよ。」


えーっ!!!

血の気が引きました。
一気に目が覚めました。


いやいやいや…家の中じゃなく??
でも、玄関には靴が無くて。。。


そこからは頭が真っ白。


家の中を何度も探したけど、やっぱり居ない。
外に出たの??
でも、外って…どこへ行くのよ。


旦那さんダッシュで近所を捜索。父も近所を捜索。
いつも一緒のヒカリとミナミの足長おじさんも一緒に探してくれて。

私は実家から数メートルのおばぁちゃんちへ行って、聞いてみた。
心配したおばぁちゃんも近所を探してくれた。

でも、ヒカリはどこにも居ない。


どこ…どこ行っちゃったの?
ヒカリ、無事なの?


泣きそうになりながら、警察に迷子の保護がないか聞いてみた。
初めての110番。
婦警さんは優しく
「万が一の事があってからでは大変だから。」
と捜索要請まで。


そんな時、父が「見つかったって!」と。

居たの??どこに??


とりあえず婦警さんには、お騒がせして申し訳ないと謝りました。
「いいえ。見つかって良かったですね。」だって。
うぅ、本当にお騒がせですみません!!


って言うか、旦那さん!!
見つかったなら、真っ先に私に連絡しようよ。
携帯の電池切れたとか無いでしょー。


戻ってきた旦那さんと、足長おじさん。
でも、そこにヒカリの姿はなく。。。

ん??

自宅の向かいの家で預かってもらったらしい。



事の詳細はこう。

妹が帰宅し、再び出掛ける時、私は寝てたけど父がいたので施錠せずに出た。

旦那さんが来るまでのわずか数分でゆいは靴を履いて実家を抜け出し、70mくらい行った交差点の真ん中で立ってた所を、通りかかったドライバーさんに保護されたそう。

でも、そのドライバーさんには何も話さず、そこへ通りがかった母くらいの女性に心を開いて、名前と家の方向を教えたらしい。

その女性はヒカリの靴をちゃんとはかせ、手を引いて「お家どっち?」と聞きながら自宅まで一緒に歩いてくれたみたいで。

たどり着いた家はヒカリが名乗った苗字の表札だったけど、実家に居たため留守。

しかし、偶然にもその女性は我が家のお向かいさんの知り合いで、向かいの家に「この子知ってる?」と聞いてくれた。

そこに、自転車を取りに戻った旦那さんと足長おじさんが来て、一件落着。

ヒカリは泣く事はなかったけど、パパに気付くと気まずそうにお向かいさんの後ろに隠れてたんだって。
だからお向かいさんが「1時間くらい預かるよ」と申し出てくれたらしい。



とにかく無事で良かった。
パパもママも足長おじさんも、みーんなホッとして泣きそうだった。。。

どこもケガしてなくて良かった。

さらわれてなくて良かった。

親切な女性と出会えて良かった。




皆様、子どもが玄関のドアを開けられるようになったら、施錠してくださいね。
  1. 2009/09/20(日) 23:18:28|
  2. できごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

☆新車☆ | ホーム | 花火・プール

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://diamantetormalina.blog57.fc2.com/tb.php/707-e994d0d9

| ホーム |