黄色いゾウのあしあと

★旦那さんとプラダーウィリー症候群の娘とそのきょうだいと2匹のニャンコとの生活★

就学相談(中学)①

6年振りに就学相談に行きました。
中学を支援級または支援校を選ぶ場合、必ず行かなければならないそうで、行かないで放置していると、振り出しに戻って普通級で中学の入学案内がくるらしいです。
今、支援級にいるのにその情報は共有されないのだろうか…。

久し振りに教育センターに行き、6年前と同じ担当の方と中学進学をどうするか相談しました。
学区が決まっているので、支援級も支援校も選択肢は無く、それぞれ1校のみでどちらにするかを決めるのみ。
今、考えている事をたくさんお話しました。学区の支援級は評判が良くない事、走ってばかりいる事、勉強内容がよく分からない事、学校まで徒歩で60分くらいかかる事など。支援校は話し相手が大人のみになるかも知れない事、友達とぶつかって学ぶ機会が無いかも知れない事、今まで積み上げてきたところから下がるのではと心配だという事など。
私の思いを聞いて、とりあえず支援級の方向で進めて行って、判定が支援校ならまた考えましょうという事になりました。
支援校判定が出ても、保護者の希望で支援級に行く事は出来ますが、支援級判定が出たら支援校に行く事はほぼ無理だという事も言われました。

担当の方は小学校入学以来何度か別の子どもの事で、ヒカリの学校に様子を見に行っているそうで、ヒカリの成長ぶりや、前の担任の先生の事、クラスでの友達関係など、全てを「良かったね」と言っていました。
今は担任の先生は変わったけれど、とても恵まれた環境にいるんだな、と改めて思いました。

進学にあたって手帳の話も出て、現在、愛の手帳3度、身体障害者手帳4級を持っている事が、進学に良くも悪くも影響するかどうかも聞きました。
支援級に行くには手帳の所持や等級は関係ないけど、支援校に行くには愛の手帳3度というのは有利になるそうです。
東京都は手帳の等級は関係なく、本人の現状を見て判断すると言うけれど、4度だと渋るらしいので。
周りに支援級判定から支援校に行った子がいますが、かなり大変でギリギリまで決まらなかったと聞きました。支援校は子どもが増え過ぎて中~軽度の受け入れが難しいのかも知れません。
今まで、福祉サービスの関係で愛の手帳の更新に行っていませんでしたが、今後もし支援校希望に変更したり、途中で転学となった時のために、このままにしておいた方が良いとアドバイスされました。

医師の診断書、発達検査の結果、学校での様子、保護者の希望を踏まえて教育センターでの会議で判定が出ますが、小学校が支援級の子は、8~9割が中学も支援級だそうです。
早ければ、二学期が始まる前に進学先が内定します。
さて、どうなることやら。

  1. 2017/04/28(金) 14:25:46|
  2. 就学のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

さくらんぼ狩り | ホーム | 最後の連合遠足

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://diamantetormalina.blog57.fc2.com/tb.php/1046-d7b6d678

| ホーム |