黄色いゾウのあしあと

★旦那さんとプラダーウィリー症候群の娘とそのきょうだいと2匹のニャンコとの生活★

体験授業(中学)

今日は中学の特別支援学級に体験に行きました。
中学も学区が決まっているので、特別支援学級ならここ。他を希望する事も出来ますが、電車やバスを使って1時間かけて通学するメリットがあるのかどうか…と考えると越境通学は候補から外しました。
私1人で見学に行った時は徒歩30分。2人で歩いてなるべくヒカリのペースで行きましたが、35分。
今の小学校が2人なら20分。ヒカリ1人だと25~30分なので、中学は40~60分かかるかな、という予想。
今回の道は朝は車の抜け道になってたりするから、距離は長くなるけど別のルートも考えないとならないかな、とも。
本人は体験を心待ちにしていて、とにかくテンション高めでした。
20170928231019d11.jpeg
授業は中休みを挟んで2時間。理科と音楽でした。少し早めに着いたので、1時間目の終わりから参加できました。
理科は2時間続きの実験だったので、途中から参加。入れてもらった班には同じ小学校の先輩はいませんでしたが、デイが同じ先輩ととても面倒見の良い女子の先輩がいて、楽しそうに授業に参加できました。

  1. 2017/09/20(水) 09:17:19|
  2. 就学のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

悩んで悩んでぐるぐるぐる

中学を特別支援学級にするか、特別支援学校にするか…。

特別支援学校に行けば、デキる子扱いになり、凄いねー、頼りになる!と褒められ、持ち上げられる3年間(卒業生のママ曰く)。
特別支援学級に行けば、多分デキない子になり、壁を感じる事も多くなるかも知れない。

ただ、支援学校に行ったら、全体でやる授業は今より簡単なものになるし、今みたいにクラスで同じ勉強をして意見交換するなんて事はなく、会話の相手も先生や学校にいる大人だけ。見学に行った様子だと友達同士の関わりはほぼゼロ。
逆に支援学級なら、1学年上の子がヒカリの学校から6人行っていて、今のクラスの子もヒカリ以外は行くであろうため、友達との会話や喧嘩はかなりあるハズ。

どちらを選ぶか悩む。
少し前までは、もう色々と私が頑張るのも、ヒカリに頑張らせるのも疲れたし、障害児の専門知識のある先生方のもと、自己肯定感を高めながらゆるーく生きたいと思って、支援学校を考えていた。
でも、それで良いのかな?上を目指す努力をやめて良いのかな?(大袈裟だけど)と迷いだし…。
ヒカリの好きな音楽、体育が今より簡単になっちゃうのは良いのかな…。人が大好きなのに、相手が大人だけで良いのかな…。成長ホルモン治療の打ちきりを迎える中学時代にスクールバス通学で良いんだろうか…。
と、ぐるぐるぐる。

正直、ヒカリが生きていくのに、英語なんて無くても良いと思ってるし、算数だって今みたいに計算しなくても、電卓なりアプリなり使って(使えなくても)買い物が出来たらそれで良いと思う。字は書けた方が良いとは思うけれど。

私は、ヒカリは食の問題もあるから完全な自立は出来なくて、誰かと生活して、助けてもらいながら生活するものと思ってる。
そのために、今、身につけておくべき事は何なのか。
中学生活に求める事はそれなのかなーと。

この子達が生きていくために必要な力って何だろう…。
コミュニケーション能力かな…
素直に「教えて下さい」「ごめんなさい」「ありがとう」が言える事かな…
「おはようございます!」って気持ちの良い挨拶ができる事かな…
自分の気持ちを少しでもうまくコントロールできる事かな…

手厚い支援を求めているわけではなく、適切な支援が受けられる事を望んでいるわけで。
支援学校にはそれがあると思うけれども、ありすぎる心配もあり。支援学級にはそれがあるのだろうか、どこまで求めて良いのだろうか、という不安がある。

この悩みをスパッと解決出来るような閃きは今のところ無く、担任の先生含め色んな人に聞いてみるも、皆さん同じように悩んでくれてしまい、道を照らしてくれるようなアドバイスも受けられず、しばらくはどうしたら良いのだろうかと悩み続ける事になりそうです。

  1. 2017/06/10(土) 23:48:38|
  2. 就学のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

就学相談(中学)①

6年振りに就学相談に行きました。
中学を支援級または支援校を選ぶ場合、必ず行かなければならないそうで、行かないで放置していると、振り出しに戻って普通級で中学の入学案内がくるらしいです。
今、支援級にいるのにその情報は共有されないのだろうか…。

久し振りに教育センターに行き、6年前と同じ担当の方と中学進学をどうするか相談しました。
学区が決まっているので、支援級も支援校も選択肢は無く、それぞれ1校のみでどちらにするかを決めるのみ。
今、考えている事をたくさんお話しました。学区の支援級は評判が良くない事、走ってばかりいる事、勉強内容がよく分からない事、学校まで徒歩で60分くらいかかる事など。支援校は話し相手が大人のみになるかも知れない事、友達とぶつかって学ぶ機会が無いかも知れない事、今まで積み上げてきたところから下がるのではと心配だという事など。
私の思いを聞いて、とりあえず支援級の方向で進めて行って、判定が支援校ならまた考えましょうという事になりました。
支援校判定が出ても、保護者の希望で支援級に行く事は出来ますが、支援級判定が出たら支援校に行く事はほぼ無理だという事も言われました。

担当の方は小学校入学以来何度か別の子どもの事で、ヒカリの学校に様子を見に行っているそうで、ヒカリの成長ぶりや、前の担任の先生の事、クラスでの友達関係など、全てを「良かったね」と言っていました。
今は担任の先生は変わったけれど、とても恵まれた環境にいるんだな、と改めて思いました。

進学にあたって手帳の話も出て、現在、愛の手帳3度、身体障害者手帳4級を持っている事が、進学に良くも悪くも影響するかどうかも聞きました。
支援級に行くには手帳の所持や等級は関係ないけど、支援校に行くには愛の手帳3度というのは有利になるそうです。
東京都は手帳の等級は関係なく、本人の現状を見て判断すると言うけれど、4度だと渋るらしいので。
周りに支援級判定から支援校に行った子がいますが、かなり大変でギリギリまで決まらなかったと聞きました。支援校は子どもが増え過ぎて中~軽度の受け入れが難しいのかも知れません。
今まで、福祉サービスの関係で愛の手帳の更新に行っていませんでしたが、今後もし支援校希望に変更したり、途中で転学となった時のために、このままにしておいた方が良いとアドバイスされました。

医師の診断書、発達検査の結果、学校での様子、保護者の希望を踏まえて教育センターでの会議で判定が出ますが、小学校が支援級の子は、8~9割が中学も支援級だそうです。
早ければ、二学期が始まる前に進学先が内定します。
さて、どうなることやら。

  1. 2017/04/28(金) 14:25:46|
  2. 就学のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

就学に向けて下調べ

ヒカリが支援級に内定し、ホッとしていたら…下校時間(迎えに行く)と幼稚園のバスの時間が重なりそうな事に今頃気付いた!!(゚□゚)

慌てて就学相談の窓口で聞いてみると、学童の事は役所じゃないと分からないと言われ、役所に電話。

お迎えが重なってしまう10~30分だけ見てて欲しいと相談してみました。

学童は基本的に
・就労
・病気
・介護をしている
この3つが条件で、費用は月6800円(オヤツ無し5000円)。

で、我が家は条件にどれも当てはまらず、「例外は無しです。ファミリーサポートやヘルパーを。」との返答(=д=)

まぁ、いいさ。
週3回くらい、たった数十分なのに5000円は高いもんね。。。
とりあえず幼稚園にも相談したので、ミナミが延長保育の予定。



次に給食。
ヒカリが行く予定の学校は単独ではなく、給食センターで調理したものを食べます。
カロリーや配膳が気になったので聞いてみました。


・支援級は人数の関係で、献立は中学年で作られている(低学年は0.9倍、高学年は1.1倍)。
・カロリーは平均640kcal
・アレルギー対応は卵、ナッツ類、果物のみ。
・牛乳ナシは可能(牛乳の分の返金アリ)
・希望者には献立細案を配布

貰った献立細案から、どうゆう対応をするかは親が考えて、先生と相談して下さい、と。
400kcal前後にしたいので、個別に相談は出来るか聞いたら、無理だそう。ですよね(-.-;)
ただ、牛乳が200ml(138kcal)なので、それをナシにすると、カロリーだけなら近付きますよ(576-138=438kcal)、と。

で、色々と相談してたら
「以前も同じような話がありまして、満腹中枢が働かないから制限してる、という方がいましたよ。」
と。
あぁ、同じなんです!!
その子はもう中学生だと言ってたから…お知り合いかしら?!

とても優しい栄養士さんで、細かい対応が出来ずに申し訳ない、また何か気になったら、いつでも電話して下さい、と、言ってくれました。


献立もらったら…どうやって考えようかな??
療育園でも聞いてみようっと。

  1. 2011/12/09(金) 22:57:17|
  2. 就学のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

就学相談1回目補足

今日の午前中、学校公開の日と幼稚園の行事が重なるので、どうしたら良いか相談しようと電話したところ、担当の方達は不在で、夕方またかけなおす事にしました。

しかし、あちらからお昼くらいに電話があり、いくつか確認させて頂きました。

【 続きを読む 】
  1. 2011/07/06(水) 23:25:49|
  2. 就学のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

就学相談1回目

今月になって、何度か療育園で就学について聞かれていたので、重い腰を上げてやっと就学相談に行って来ました。


住んでいる自治体では、先ず電話で就学相談を申し込み、後日、相談の日程を決める連絡が来ます。

担当は2名になるらしく、1人は電話の声が小さなオジサンでした。
女性の方が色々と話しやすいかなーと期待していたでので、ちょっとガッカリ(←失礼すぎ!!)。

【 続きを読む 】
  1. 2011/06/28(火) 23:12:33|
  2. 就学のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |